待ち遠しい、あさセット

-陶磁器・肥前吉田焼「224」との出会い-

私たちは、朝搾りたての牛乳を飲むのが毎朝の愉しみでした。

「牛乳に合う器があったらもっと楽しくなるよね。」

と何気ない会話がうまれ、「みるくカップ」のキーワードで検索しました。

そのときに画像を見て、これだ!

と、心がときめき一目惚れをしました。

作る人に会いたいと思い場所を検索すると、

なんとそこは、嬉野市。

その直後、お互いに関わる嬉野茶時というイベントで知り合いました。

それが、陶磁器・肥前吉田焼「224」さんとの出会いでした。


今回は、224さんのみるくカップとナカシマファームのチーズが入った、
”明日早起きが楽しみになるような”、そんなセットを作りました。

​作り手

陶磁器・肥前吉田焼「224」

​辻諭(つじさとし)

酪農家チーズ職人
「ナカシマファーム」

​Milk cup

モッツァレラチーズが出来るまで

箱入りうし子のギフトBOX

ヒロタカとヒロタカの大学時代建築のゼミ仲間との3人で共同開発ギフトBOX

デザインは取手からうし子が出ようとして、出れなくて、もどかしくて"Moo!"っと鳴いてるところです。

テープを使わずに、一枚のダンボールからできてます。

こちらのボックスは企画からデザインまで、三代目のヒロタカとヒロタカが大学時代建築のゼミで一緒だった2人の仲間とで手掛けました。

ボックスは、インテリアとしてや、小物入れ、お友達にプレゼントする時の箱としてお使いいただけます。

ギフトセット内容

 
LINE_APP.png
  • ナカシマファームインスタグラム
  • ナカシマファームFacebook

#ナカシマファーム